利息だけ返済する方法

返済日に利息金額だけ入金する方法はNG

特に多重債務状態になりかけている人に多いと思うんですが、返済日に利息だけ入れる人、これは止めて下さい。

確かに、利息だけ入れれば金融会社の人から督促の電話等を受けずに済みますから、入れてしまう人もいるとは思いますが、
利息はあくまでも利息です。

利息だけを返済していても元本は減らない為に永遠と借金を返済し続ける事になってしまうんです。

もし、突発的な事情で出費が増え、その日だけ利息しか返済できなかったと言うのであればまだいいですが、完全にファイナンシャルプランが崩壊し、常に利息分しか返済できない状態になっているのであれば、金利の安いところに借り替えるか、法律的な整理を考える必要があります。


借金先が複数ある場合

借金先が複数ある場合は、借入先ごとに返済しなければいけませんし、利息もその分増えます。

ですから、よくTVのCMでもやっていますがいわゆる、おまとめローンのようなところで借入先を1つにまとめる方法も検討する必要があります。

単純計算で利息が減ればその分、元本に充当できる金額が増えますからね。

ただし、こういう状況の場合、いわゆる「多重債務状態」である事が多いと思いますので、個人的には、おまとめローンの類ではなく、弁護士や司法書士に相談していくのがよりベターであると思います。


利息のマジック

金融会社によっては、利息のマジックを使ってくる所もあります。例えば、10万円を借りていたとします。

この10万円が元本です。利息は、この元本に対してかかってくるものなんですが、返済方法を元本と利息込みで一定額を要求してくるケースがあるのです。

この場合、毎回の返済が定額である為、気が付きにくいですが、返済ごとに元本が減り、それに対してかかってくる利息額も併せて減ってくる為、支払えば支払うほど実際の利率が高まってくる事に注意しなければいけません。