借金返済方法・相談

借金返済方法ネット
借金を返せないのは契約違反だが犯罪じゃない。借金返済への道

TOP借り換えで借金を返済していく 

おまとめローンや低金利ローンへの借り換えで借金を返済していく

借り換えも良いが、気をつけるポイントがある

金利が安くなるように借り換えをする、というと非常に簡単に聞こえますが、当然、気をつけるべきポイントがあります。 現在、消費者金融などで借り入れをする際には、取引年数が長い場合以外、年利29.2%という法律上の上限金利での借り入 れになります。

しかし、最近では、借り入れの額にもよりますが、銀行系ローンなどで年利12%〜20%程度で借り入れを出来る所も増えてきました。 (最も多い年利率は18%ですね)

単純計算で金利差が約2倍ですから、その分を返済に回す計算で大幅な差がつく額であれば、低金利での借り入れ、借り換えを検討すべきでしょう。


金利差の計算例

通常、借金をする際、出資法という法律に定められている上限金利29.2%での契約になります。でも、銀行系の金利が安いところで 借りたとすると、

通常の年利29.2%
100万円を年29.2%で借り、1ヵ月後に発生してくる利息額

¥1,000,000×29.2%÷365×30日=¥24,000

低金利の平均値、年利18%
50万円を年18%で借り、1ヵ月後に発生してくる利息額

¥1,000,000×18%÷365×30日=約¥14,800

たった1ヶ月でこれだけ違ってくるんですね。当然この額は利息だけですから、これ以上の返済をしないと元本は減らず、 ずっとこの額が発生してくる訳です。

仮に29.2%で借りた際の利息額¥24,000しか毎月返済できてないとしても、 年利18%で借りれれば約1万円ずつ元本に充当する事ができますね。

ただし、多重債務状態になっている人の場合、借り換えよりも法律家に相談の上での借金整理の方が良い結果を生むと思います。




copyright© 2006-借金返済方法ネット All Rights Reserverd.
借金返済方法ネットの許可なく当サイトの一部又は全文のコピーならびに転用の一切を禁じます。