借金返済方法・債権譲渡と時効援用

借金返済方法ネット
借金を返せないのは契約違反だが犯罪じゃない。借金返済への道

TOP借金・債務の無料相談をする借金・債務整理の相談債権回収会社から、5年以上前の消費者金融の借金の譲渡通知が来ました。時効の援用は可能でしょうか?

債権回収会社から、5年以上前の消費者金融の借金の譲渡通知が来ました。時効の援用は可能でしょうか?

以前、消費者金融からお金を借りていました。

払い残しがあったみたいで、5年以上金融会社から請求行為が全くなかった借金が見つかりました。その債権を回収会社が譲渡を受けた通知が普通郵便で届きました。(債権譲渡日は平成24年4月1日)

私としては、時効の援用をしたいのですが、可能でしょうか?

援用できた場合の具体的な手法を教えて下さい。

(質問no.39 お名前:藤井さん 岡山県 借金返済カテゴリ


この質問に回答する。回答ページが別ページで開きます。

当サイトからの回答

当サイトからの回答
時効の中断事由に該当していない事が必要です。


藤井さん、はじめまして。借金返済方法ネット・サイト管理人の北条たかとと申します。


>その債権を回収会社が譲渡を受けた通知が普通郵便で届きました。

まず、その債権回収会社が実在する真正な会社で、本当に債権譲渡を受けている前提で説明します。

>5年以上金融会社から請求行為が全くなかった借金が見つかりました。

確かに、商事債権は5年間で時効期間が満了しますが、5年の間に時効中断事由が無かった事が重要です。確かに「請求行為(裁判上の請求)」も時効中断事由の一つですが、それ以外にも「債務の承認」等もあり、それに該当していないかどうかの検討が必要でしょう。



債務の承認とは、借金の存在を認める行為全般を指します。例えば、滞納している債務者に新たな返済計画を承認させたりするのもこれに該当します。


>私としては、時効の援用をしたいのですが、可能でしょうか?

既述の解説の通り、5年間の間にそうした事が無ければ時効期間としては問題ないでしょう。


>援用できた場合の具体的な手法を教えて下さい。

相手方に対して内容証明郵便による時効援用通知書を送る事になります。文面等は一般の書籍でも紹介されており、極端な話「時効を援用します」といった簡単な文面でも構わないとされていますが、相手方とのやり取りの想定をする必要もあるので、安全の為に弁護士さんか司法書士さんに依頼される事をお勧めします。


この質問に回答する。既に回答が掲載されている質問にも回答が可能です。回答ページが別ページで開きます。


回答者 : サイト管理人 北条たかと  この回答者の詳細はこちらをクリック



copyright© 2006-借金返済方法ネット All Rights Reserverd.
借金返済方法ネットの許可なく当サイトの一部又は全文のコピーならびに転用の一切を禁じます。